2005年07月18日

注目高!

神奈川県夏の甲子園予選も、だいぶ試合が消化されてきました。
現在勝ち残っている注目高を個人的に紹介したいと思う。

まずは日大。
第一シード。厚木北に危なげなく勝つ。

続いて、愛川高校。
正直、過去のイメージから、4回戦まで上がってくるとは誰もが思わなかったでしょう。
でも、最近は結構いい選手がいるんだよね。
愛川の中学生が、たぶん野球うまくなっているんだと思う。
厚木北の投手も愛川出身だったし。
次の日大戦で、どこまで食らい付けるか注目!

日大藤沢。
第三シード。
強豪、相洋に競り勝つ。

光明相模原。
第二シード。
毎年安定した強さ。

相模田名。
県立なのにカナリ野球が強い!
今日も藤嶺藤沢に勝ってたし。

桐光学園。
ここは知る人ぞ知る、中村俊輔の母校。
ま、甲子園常連校の一つですわな。

向上高校。
最近、低迷気味だったものの久しぶりに四回戦まで上がってきました。
知り合いの弟が野球部なのでちょっと注目!
でも、次は強豪桐光学園・・・。
がんばってくれ。

横浜商大。
ここも、甲子園に出ることが多いです。
でも、甲子園であんま勝てなかったりする。
次は宿敵、武相。
四回戦注目カードの一つです!

武相高校。
出川哲郎、パンチ佐藤、インパルス堤下を輩出した、神奈川を代表する古豪。
名前に負けず劣らずの強さを誇る。

ひばりが丘高校。
慶応藤沢を破った実力は本物?
高校時代みんなから警戒された古文の先生の転任先。
今はどこにいるのやら。
女の子が可愛いことでも有名。(地元情報)

横浜隼人。
桐光学園をAクラスとすれば(甲子園出場可能性)、限りなくBに近いCといったところでしょうか。
第三シード校。

東海大相模。
野球の野の字を知っているならば、若大将(原辰則)の出身校であることは言うまでもないね。
第一シード。
甲子園でも結構勝ちます。
大学もマンモスだが、高校もマンモス。
自分も併願で受験したが、通っていたら一学年1000何人の内の一人となっていたでしょう。

霧が丘。
鬼の深田が率いていることで有名なバスケの強豪校。
深田先生、授業は優しいらしい。(高校の先輩・談)
でも、見た目は超コエー!
バスケのみならず野球も強いのか?
次は東海大相模。
がんばってくれ。
P.S.大学の友達の母校だったりもする。

小田原。
こういう地名がそのまま付いた学校って意外と強かったりする。
進学校だったりする。
文武両道なんだよね!

桐蔭学園。
ここも、甲子園常連校。
ウルフの出身校。
裕二織田の出身校。
ガクちゃん(研究室のお友達)の出身校。
元中(東大に行った頭のよい人)の通った高校。
理数コースは超頭イイ!
野球でもAランク!
第二シード。

横浜創学館。
最近できたのかなー?
近年かなり強いです。
隼人同様、Bに近いCランク。

厚木西。
県立高校なのに部員総数が100人を超えるとか超えないとか。
学区制があったとき、学区内では厚木北より甲子園に近い県立高校と自分は思っていた。
明日は横浜創学館との対戦。
明日の注目カードです!

慶応。
慶応ボーイ。
春の甲子園大会に出場した、あの慶応。
第一シード。

横浜。
なんだかんだで横浜。
夏の横浜。
甲子園超常連校。
松坂大輔以前、以降も相変わらずの強さを誇っています!
今回はノーシードからの挑戦。
優勝しても誰もが驚きません。
それが横浜。
きっちり作り上げられています。

足柄。
前のエントリーでも述べたように、強豪横浜商業を破った高校。
次は百合丘(ここも結構強い)だが、その勢いはどうなる?

厚木高校。
厚木高校。
校則がほとんど皆無の厚木高校。
文武両道厚木高校。
勉強やってないとか言うくせにテストでは良い点とってるヤツが多い厚木高校。
生徒会長が金髪だった厚木高校。
相州健児!!
勉強もできるが、野球も意外とできる。
がんばれ厚木。

平塚学園。
神奈川から夏の甲子園大会に2校出場した記念大会の際、甲子園の切符を掴み取ったことで有名な高校。
あの時は、乱打戦の平学と恐れられていたとかいないとか。
今年はどうなんでしょう?
smap中居君の母校でもあるよ。
第二シード。Bランクで、しょうか?

以上長々と有力校を紹介しました。
posted by 634 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5181906

この記事へのトラックバック

インパルスの堤下先輩をスベらそうとする後輩芸人
Excerpt: こふきいもの田沼くんが堤下さんの高校球児時代の武勇伝を本人に伝える件を昨日の記事...
Weblog: プラズマテレビや液晶テレビモニターでデジタルホームを楽しもう
Tracked: 2005-07-24 23:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。